image

平成16年

◆概要:
鋼5径間連続部分合成鈑桁(箱桁)橋
逆T式橋台、張出し式橋脚、ラーメン支柱
深礎杭、ケーソン基礎、直接基礎
橋長 :199m、幅員:6.9~8.5 m
◆コメント:
現地の水位が高く、予備設計で深礎基礎で計画してあったものをケーソン基礎の変更した。
斜面上のケーソン基礎は、地盤バネ等のモデル化に特に留意した。